〒441-0211 愛知県豊川市御油町欠下11-1

愛知県豊川市御油町欠下の内科・循環器内科・小児科「ふくとみクリニック」。超音波診断装置での心臓・頚動脈・腹部・甲状腺のエコーができます。

 

血管年齢検査


モバイルサイト

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

動脈硬化netでチェック
ドクターズファイルふくとみクリニック
医療トピックス
トップページ»  血管年齢検査

血管年齢検査(血圧脈波検査)

血管年齢検査(血圧脈波検査)

血管年齢検査は正式には「血圧脈波検査」と言って、手足の血圧を同時に測定することによって、動脈硬化の程度を数値化します。 この検査はABI検査とCAVI検査の2つの検査を行い、手と足の血圧の比較や脈波の伝わり方を調べることで、血管の詰りの有無や動脈硬化の程度を数値として表します。この検査を行うことにより、動脈硬化(血管の老化など)の度合いや血管障害を早期に検出することができます。

この検査では、両手足の血圧や脈を測定することによって、手足の血圧の差や、脈の伝わる速度を算出し、動脈硬化の程度(血管年齢)や血管の詰まりの有無などを調べます。心電図検査と同様に手軽に行える検査で、結果もすぐに出るため、その場での診断が可能です。

血管年齢検査(血圧脈波検査)

ABIとは

ABIとは

ABIは「Ankle Brachial Pressure Index」の略で日本語では 「足関節上腕血圧比」 と言います。仰臥位で四肢の血圧を測定した場合、健常人であれば足首の方がやや高い値となります。 ところが、動脈に狭窄部や閉塞部があるとそこより末梢部分の血圧は腕の血圧より低下します。

下肢の血圧と上肢の血圧との比をとれば、狭窄や閉塞の程度を表すことができます。

ABIとは

CAVIとは

CAVIとは

CAVI は、生活習慣病などを起因とする軽症の動脈硬化症から、虚血性心疾患や脳血管障害などの重症の動脈硬化症まで、幅広い患者において、動脈硬化の程度を定量的に見ることができる指標です。 CAVIは年齢と良く相関することから、老化を反映する指標としての有用性が知られています。 また患者にわかりやすいよう、”血管年齢”表示を標準搭載しています。

当院の血管年齢検査について

当院の血管年齢検査について
※クリックで拡大

当院で血管年齢検査を受けて頂いた方には、検査結果を説明したのち、右のような結果用紙をお渡しいたします。